2020-4-15 八雲町西谷〜矢谷への旧道




2020年4月15日(水) 八雲町西谷〜矢谷への旧道
 昭和22年発行の旧版地形図を見ると、八雲町西岩坂の下村と桑上の間の桑並川の西谷橋から谷を入って山を越える旧道があります。
 西谷橋から作業道を山へ向かって15分ほど進むと、広い作業道が終わり、少し狭くなった作業道が右前方へ上がっています。6分ほど上がると、作業道は左へ曲がり、細い径がまっすぐ続いていますが、ぬかるんだ湿地のような状態で、避けるように山際を通って上がりました。谷には笹などが多いですが谷の奥へ向かい、右手の斜面を稜線へ向かって上がります。斜面を上がると、竹林となって稜線の鞍部が峠になっています。
 峠を越え笹原の斜面を5分ほど下がると、円形の石垣に囲まれた穴がありますが、なんなのか検討がつきません。ここから谷は細くなり、径らしきものはありません。しばらく細い谷を下がると、小さな径が現れ、前方に民家が見えてきます。民家の間の細い道を抜けると、矢谷の集落の舗装道路に出てきました。

八雲町西谷 14:43
西谷橋から谷へ入る。
14:47
14:49

八雲町西谷 14:54
14:57
14:58
広い作業道の終点から右へ上がる。

八雲町西谷 15:02
15:03
15:04
作業道は左へ、小さな径を直進する。

八雲町西谷 15:08
谷を上がる。
15:10
谷の奥から斜面を上る。
15:11
稜線へ上がる。

八雲町矢谷 15:13
峠は竹林になっている。
15:14
峠を越えて、笹原の斜面を下がる。
15:16

八雲町矢谷 15:19
円形の石垣がある。
15:21
細い谷を下る。
15:24
谷に径はない。

八雲町矢谷 15:27
やっと小さな径があった。
15:28
民家が見えてくる。
15:29
民家の裏へ出てくる

八雲町矢谷 15:31
出てきた民家を振り返る。


昭和22年発行旧版地形図


目次