山越えの古道(朝酌町矢田〜朝酌)




2019年3月5日(火) 山越えの古道(朝酌町矢田〜朝酌)
 矢田の渡しから東へ250mほど行った所から北へ向かって入る道があります。墓地の下を通って未舗装になり、水田跡を左へ周って、竹藪の間を通って伸びています。竹藪の奥へ径があるので入ってみると、小さな社がありました。竹藪の脇を通って上がると、小高いところにある畑に出て、右の竹林に向かって広い径が続いていました。竹林内の谷にも広い径が続いますが、一向に尾根に上がる気配がなく、道が違うと思いましたが、奥まで入ってみることにしました。谷の奥から斜面を上り尾根へ上がってみると、はっきりした径がありました。尾根の径を下がって行くと、先程竹林へ入ったところとはずれてくるので、適当なところから斜面を下りましたが、はっきりした径は見つかりませんでした。
 最初の場所まで帰り、再度ルートを探すことにしました。竹林の入口辺りに径がないかと、踏み跡をたどると、荒神さんが祀られていました。竹林を引き返し、畑のあたりを探すと、畑へ上がった正面の梅の木の脇に、径があるようでした。径を進むと、竹林の斜面にはっきりとした径が上がっていました。しばらく上がって行くと、やがて踏み跡が藪の中で不明となり、さらに上がって行くと、シダが多くなってきましたが、尾根に向かって上がりました。尾根に上がると、先程通った尾根径が続いていました。尾根にははっきりとした径が続いており、あまり荒れてもいませんでした。15分ほど進むと、径が分岐しており、右へ下がっていく径がありました。東隣の尾根を下がって行く径があるようです。さらに20分ほど上がると三角点のある頂上に着きますが、頂上は倒木があったり、笹が生えていたり、なかなか三角点が見つかりませんでした。
 頂上から10分ほど下がると平場があり、間違って左の方へ向かってしまい、引き返して右の方へ下がっていきました。下がっていくと、植林地と自然林の間を進みますが、鞍部で斜面を下がるところを、行き過ぎてピークまで上がってしまいました。引き返して谷へ下がると、2018年9月3日に福富町から朝酌町に越えたルートに出会いました。
 峠を越えると急斜面で、径はつづら折れに下がっていきますが、径には敷石が階段状に並べられており、昔は重要な径だったと思われます。下がったところで、藪になって径がはっきりしないところがありますが、また苔むした敷石のある径に出会い、谷へ下りると藪になってきます。藪を越えると、広い径があり、溜池の縁を通って、禅定寺の前へ出てきました。

朝酌町矢田
市道から北へ入る。
水田跡を左へ周る。竹林内へ径がある。


小さな社があった。
畑の脇に上がり、右の竹林に入る。


竹林内に広い径がある。
尾根への径がなく、間違ったようだ。谷が分岐し、左へ行く。


谷から斜面を尾根へ向かう。
上部の斜面は急になる。尾根には径が伸びている。

11:48
元へ引き返し、径を入り直す。
11:50
畑の脇から竹林へ入る。
11:52
竹林内に左への径がある。

11:52
荒神さんへの径だった。
11:58
竹林を引き返し、まっすぐ畑の脇を行く。
11:59
斜面を上る径がある。

12:02
竹林内を径が上がっている。
12:07
12:09
径が不明になる。

12:12
シダが多くなる。
12:14
シダの中を尾根へ向かう。
12:17
尾根に上がった。

12:17
尾根には径が上がっている。
12:22
平坦な尾根に上がった。
12:26

12:29
12:35
分岐を左へ上がる。
12:37
大きなヤマモモの木がある。

12:43
12:48
径が下りになる。
12:51
細い尾根径を進む。

12:54
もう少しで頂上
13:08
藪の中に三角点があった。
13:20
頂上から下る。

13:23
13:26
分岐を左へ
13:30
尾根を間違えて分岐まで帰る。

13:34
分岐まで帰り、右へ行く。
13:36
13:37
植林地内を行き過ぎてしまう。

13:42
引き返し斜面を下がる。
13:45
谷の径に出会う。
13:46
峠を越える。

13:48
斜面の径には敷石が残っている。
13:48
径がつづら折れに下がっている。
13:53
下がると径が荒れてくる。

13:57
枯れ葉の下に敷石が残っている。
13:59
径が不明になる。
14:04
また径に出会う。

14:04
苔むした敷石がある。
14:07
谷に下りる。
14:10
谷は藪の状態になっている。

14:13
藪を抜けると、はっきりした径がある。
14:17
溜池の縁を行く。
14:19
禅定寺の前に下りてきた。


下りてきた山を振り返る。


昭和9年修正5万分1地形図


松江の歴史の道を歩く