四等三角点(灰ノ木 328.15m)



 2017年5月2日
 四等三角点(灰ノ木 328.15m)は、東忌部町と雲南市との境界の山にあり、大東町側からルートがあるようです。県道から峠を下ってすぐに左へ林道があり、しばらく行くと左手に作業小屋があるので、ここから山へ向かいます。山へ入って行くと、右手に椎茸栽培地があるので、これに沿って谷を上がると、谷の奥は草に覆われてくるので、右手の斜面を尾根に向かって上がります。尾根には小径が続いており、しばらくで頂上部へつきますが、三角点が見えません。頂上部を回るように探すと、藪の向こう側に、三角点がありました。

14:44
林道脇の小屋の脇から入る
14:47
水田脇を通り山へ入る
14:49
椎茸栽培の脇を上がる

14:55
尾根に上がる
15:06
三角点があった
四等三角点(灰ノ木 328.15m)




松江の三角点