四等三角点(本庄 57.69m)



 2017年10月9日
 四等三角点(本庄 57.69m)は、新庄町の県道260号線から左へ農道を入り、右手柿の木畑の中を山手へ上がった所から山へ入ります。山への道はなく、段差があって入りにくいですが、急な斜面を尾根筋に向かいます。すぐに尾根筋に上がれますが、尾根筋は下に向かって続いており、いい上がり口があるのかもしれません。尾根筋には踏み跡があり、わりと歩きやすく、枝を切り払いながら上がりました。尾根にはシダが多く、踏み跡も尾根から少し外れた斜面に続いていました。頂上部に上がると平場に背の低いシダが密生していますが、踏み跡がその手前で右へ続いており、その先に白い標示杭が見えました。狭いながらも開けた土壌の見える場所に三角点がありました。

12:13
作業道右手の栗の木の右側から山へ入る。
12:14
段差があるが山へ入る。
12:17
斜面を尾根へ向かう。

12:21
尾根へ上がる。
12:28
尾根を上って行く。
12:31
尾根には踏み跡がある。

12:37
平坦なシダの茂みの手前を右へ曲がる。
12:38
小径の先に白い標示杭が見えた。
12:39
開けた場所に三角点がある。

四等三角点(本庄 57.69m)



松江の三角点