四等三角点(成相寺 171.62m)



 2017年6月15日
 四等三角点(成相寺 171.62m)へは、荘成町から鹿島町佐陀宮内へ抜ける林道荘成線の脇から民家への道を入り、民家の脇から山へ向かいました。山は荒れた竹林になっており、谷に沿って少しあがり、急斜面を尾根筋に向かって上がりました。竹林を上がると平坦な植林地がありますが、その先の山は藪となって道らしきものは全くありませんでした。なんとか藪のまばらなところを狙って、枝を切り払いながら上がることにしました。10分ほど藪と格闘すると、木々の間に空を背景として尾根筋が見えてきました。尾根に上がると、はっきりとした小径が続いているので、どこかにルートがあるのでしょう。尾根に上がって5分ほど進むと、平坦な広い場所に出てきて、ここが頂上かなと思うと、少し先の一段高い場所に三角点の白い標示杭が見えました。

16:06
林道荘成線の道路脇から入る
16:08
民家脇から山へ入る
16:11
荒れた竹林の谷を上がる

16:16
谷の斜面から尾根筋へ上がる
16:22
平坦部へ上がった所で踏み跡もなく、藪の斜面に直登する
12:21

16:26
空が見え、尾根が近い
16:30
やっと藪を抜け、尾根に上がる
16:33
尾根は小径が続いている

16:35
16:36
開けた平坦部に出てきた
16:39
一段高いところに白い標示杭が見える

16:40
三角点があった
四等三角点(成相寺 171.62m)



松江の三角点