四等三角点(鏡 34.61m)



 2017年6月5日
 四等三角点(鏡 34.61m)は、宍道町鏡の国道沿いの山の西側から上がるようですが、会社などの裏山になるようなので、他に上がれる場所がないかと東へと周ってみました。東側の山の裏から山へ向かって小径が上がっていました。こちらからは一度小ピークへ上がって再度上がるようになります。斜面を上がるとすぐ国道の法面の上に出てきました。法面の上の管理道のようなコンクリートの上を上部まで上がると、その先はコンクリートの幅が狭くなり法面を落ちそうになるので、林内に入ると急な斜面が落ち込んで歩けそうにないので、何とか法面の上を山際へよって進みました。法面が行き止まり、林内へ入ると急斜面も終わり、なんとか斜面をトラバースし、次の尾根に上がって進むと、三角点が見つかりました。

17:40
斜面を上がってみる
17:42
国道法面の上に出た
17:48
再び林内へ入り、斜面を行く

17:52
林内の尾根道を行く
17:54
三角点があった
四等三角点(鏡 34.61m)




松江の三角点