四等三角点(小谷 190.92m)



 2017年10月4日
 四等三角点(小谷 190.92m)は、西生馬町の林道東西生馬線から入った山にあります。林道から谷へは小径があったようですが、草に覆われているので、溝や倒木に気をつけながら進むと、小さな溜池があります。溜池の右手から、溜池に沿うように斜面に小径が続いています。溜池を過ぎて植林地の谷を上がると、三方は急な斜面になってきます。右手の急斜面に向かいますが、少し上がるとシダが多くなって、足下が見えなくなって歩きづらくなります。30分ほど急斜面を上がると、木を切り払った小径に出会いましたが、どこから上がってきているのでしょう。ここからはすぐ尾根に上がり、歩きやすい尾根道が続きました。頂上部は狭いが開けているので、三角点はすぐに見つけられました。

13:48
道路脇から荒れ気味の谷へ入る。
13:51
草が生い茂っている。
13:54
溜池の右から山へ入る。

13:55
溜池沿いに斜面を行く。
14:04
植林地の谷を上がる。
14:07
右の急斜面を上がる。

14:12
シダの生えた急斜面。
14:23
14:25
背の高いシダはなくなった。

14:36
14:40
木が刈られた小径に出会う。
14:41
尾根に上がる。

14:42
尾根の小径は歩きやすい。
14:47
14:49
狭い尾根を進む。

14:54
14:56
小径は直進するが、右のピークへ上がる。
14:59
狭いが開けた場所に三角点があった。

四等三角点(小谷 190.92m)



松江の三角点