四等三角点(丸倉山 371.83m)



 2016年9月15日
 四等三角点(丸倉山 371.83m)は、丸倉(馬鞍)山の頂上にあります。上来待の菅原天満宮から大東方面へ向かい、大東との市境を越えた所に新しく丸倉山林道ができています。峠を少し下った西谷地区からは丸倉山登山道があます。自転車を引きながら林道を上がると50分ほどで登山道入口の標識があります。これは西谷からの登山道を林道が分断しているところになります。林道から斜面を上がり、急な登山道を上がっていくと、小丸倉山展望台への分岐があり、ここから10分ほどで頂上につきます。頂上からは大東、出雲、松江のパノラマが広がっています。

11:00
丸倉山林道入口。
11:45
丸倉山登山道の標識
道路反対側に登山道入口からの登山道がある。

11:48
林道の斜面を上がる。
11:50
斜面を上がると急な登山道がある。
11:54
急斜面を上がる。

11:56
小丸倉山東屋への分岐。
12:02
あと100mの標識。
12:06
頂上の三角点。

四等三角点(371.8m)。



松江の三角点