四等三角点(宮内 179.94m)



 2017年7月27日
 四等三角点(宮内 179.94m)は、熊野大社を過ぎて、天狗山への登山口へ向かう道を入ったところから山へ入ります。民家の前を通って鉄塔巡視路へ入るので、声を掛けましたが不在のため、庭先を通らせてもらいました。家の横に鉄塔巡視路の標示杭があり、溝にかかった小さな橋を渡り、谷の奥へ続いていました。谷の奥へ進むと巡視路の標示杭があり、左折すると巡視路は急な斜面をつづら折れの道となり、尾根に上がると、左右に分岐します。左へ行くと別の鉄塔へ行くので、右へと巡視路を進みます。次の鉄塔につき、三角点はもう少し先かと、間違えて進んでしまい、先ほどの鉄塔まで引返しました。この鉄塔の近くに三角点があるはずなのですが、開けた場所にはそれらしきものが見えません。GPSで確認すると、鉄塔脇の背の高い笹薮の中にあるようで、中を覗いてみると、笹薮の奥に傾斜が上がっているようです。笹をかき分け、茨を切りながら進むと古い踏み跡のようなものがあり、その先に折れて倒れた白い標示杭があり、三角点を確認できました。

15:06
民家脇から鉄塔巡視路に入る。
15:08
谷を上がる。
15:10
巡視路は標示杭を左へ曲がる。

15:12
細く急な巡視路を上がる。
15:16
上がったところを右へ行く。
15:18

15:20
鉄塔へ到着。
15:22
間違えて先へ進み、鉄塔へ引き返す。
15:42
鉄塔の北東隅の管理杭から笹薮へ入る。

15:42
笹薮の中を高い方へ進む。
15:43
三角点の周りは笹がない。
四等三角点(宮内 179.94m)




松江の三角点