四等三角点(大谷 217.73m)



 2016年7月30日
 四等三角点(大谷 217.73m)は、玉湯町下大谷一人女神社の裏手の山にあります。鳥居の横から右へ道があり進んでみると、人家の裏手へ出て、その先が畑になっていました。谷は全くの藪になっていて入れそうにもありませんが、畑の縁を回って山へ道が続いているようです。竹林へ入ると、その先に急な斜面がありますが、藪になっていないのでなんとかよじ登ると、尾根道に上がれました。
 尾根道は周りの状況からは考えられないような、広くりっぱな踏み跡がありました。途中で1ヶ所だけ小さな笹薮がありましたが、ナタで払って難なく通れました。尾根に上がって15分ほどで小谷要害山(180m)の小さなピークですが、地図を見ながら気をつけていないと通りすぎてしまい、確認のために引き返すことになりました。
 尾根筋は木々に覆われ、ほとんど眺望はありませんが、1箇所だけ木々の間から近くの山が見える所がありました。
 更に高い方へ向かって進んでいくと、藪になって道が途絶えてしまいました。地図を見ると、このあたりに三角点があるようです。藪の中を探すと、白い標示杭があり三角点がありました。

10:37
玉湯町下大谷、一人女神社。
10:38
神社鳥居の横から人家裏へ出る。
10:39
畑の脇から山へ入る。

10:40
竹林の奥の斜面へ向かう。
10:41
急斜面を尾根に向かって上がる。
10:45
尾根に上がるとりっぱな道が続いている。

10:47
10:48
道の先が笹が多くなってくる。
10:51
小さな笹薮を越える。

10:52
まだ笹が残っている。
10:56
11:09

11:15
小谷要害山城跡
11:17
11:24

11:31
11:38〜11:55
休憩
11:55
ルート上の唯一の展望。

11:58
左へ尾根を上がる。
12:07
藪の中の三角点
四等三角点(大谷 217.73m)




松江の三角点