四等三角点(三ノ谷 252.57m)



 2017年4月22日
 四等三角点(三ノ谷 252.57m)は、大野町と隣の出雲市との境の山にあります。出雲市側の道路脇から民家の横を入り、突き当りの民家の横を過ぎると畑の中の小径へ出ます。小径を直進し、柿の木畑を通り、竹藪に沿って行くと、少し荒れた竹藪に入ります。竹藪の中を2度ほど折れて斜面を上がると、広い作業道が続いています。ルートには先人のテープが結んであり、安心できます。2回めの分岐点では右にテープがあるので、これに従って右の道を上がりますが、作業道はここで終わり、道は狭くなり林内の小径になりました。2箇所ほどテープが見えなくなり、踏み跡も不明となって、小径木の藪を切り開いて進みましたが、またすぐにテープのある小径に出会えました。頂上はやや広々とした場所で、真ん中に三角点がありました。

13:47
道路脇から民家の横を入る
13:49
突き当りの民家の左横から入る
13:51
畑の中を直進する

13:52
柿の木畑の横を行く
13:53
竹藪の脇を通って山へ入る
13:55
荒れた竹藪の中を進み、左へ曲がる

13:58
右へ上がる斜面の道は歩きやすくなる
14:02
広い作業道が続く
14:04
作業道の分岐を左へ曲がる

14:06
作業道の分岐を右へ入る、道は細くなる
14:08
14:15

14:30
14:41
踏み跡が不明になり藪を切り払いながら進む
14:44
また踏み跡に出会う

14:46
頂上はやや広々としている
四等三角点(三ノ谷 252.57m)




松江の三角点