三等三角点(鈩谷 282.02m)



 2017年5月11日
 三等三角点(鈩谷 282.02m)は、林道小坪谷線の道路脇からルートがあるようです。道路脇の退避場所の奥に水田跡があり、山際に踏み跡が続いていました。水田跡を過ぎ、谷の奥は荒れていましたが、なんとか流れに沿って奥へ進みました。しばらく谷を上がると、藪が深くなり、斜面も急になってくるので、左の斜面から尾根を目指すことにしました。急な斜面を木々に掴まりながらしばらく上がると、やっと尾根道へつきました。尾根道を上がり平坦になると、笹が多い尾根道が続きます。やっと笹原を過ぎると、歩きやすい尾根が下るようになりますが、また上がるだろうと思っていると、どんどん下るので、確認すると三角点を過ぎてしまっていました。笹の多い場所まで引き返すと、倒木や笹に隠れて三角点の白い標示杭が見えました。谷から斜面を尾根に上がった場所まで帰ると、尾根には踏み跡が下っていました。どこへ下って行くのか、少し歩いてみると、田根の方へ下っているようで来待本宮あたりの尾根に続いていると思われます。

13:06
林道小坪谷線の退避所から山へ入る
13:08
水田跡の脇を進む
13:18
谷の奥は荒れている

13:22
谷の流れに沿って上がる
13:25
左の斜面から尾根を目指す
13:30
尾根はまだ上だ

13:37
尾根に上がった
13:43
13:46
笹の多い尾根道が続く

13:51
14:00
14:03〜14:09
三角点を過ぎてしまう

14:14
笹と倒木に隠れていた三角点
三等三角点(鈩谷 282.02m)



松江の三角点