四等三角点(雲津 192.99m)



 2016年6月18日
 四等三角点(雲津 192.99m)は、美保関町雲津の寺尾山にあります。雲津の湾岸の道路沿いにある墓地に隣接する家の脇に奥に入る小径があります。人家の庭先で道が終わるかのようですが、人家の脇を通ってさらに奥の畑に道は続いていました。道は植林地内を進んでいきますが、地図を見ながら谷へ入る辺りで左折し、小さな流れを渡って、草に埋もれた谷沿いに上がって行きました。
 谷はだんだんと急になり、木々に掴まりながら上がりますが、草に埋もれた倒木などがあり歩きにくいので、谷はあきらめ左へ回って、草の生えていない斜面を上がることにしました。しかし、この斜面はものすごい急斜面で、木々に掴まりながらやっとの思いで上がっていくと、すぐに尾根が近くなり、緩斜面になりました。
 尾根は踏み跡が続いており、木々も道幅ほど切られているような感じで、歩きやすくなっていました。登りの尾根は高い方へ進んでいけばいいので、方向を誤ることはほとんどありません。三角点には白い標示杭はありませんが、開けた場所にあるですぐにわかります。

雲津港から見た寺尾山。 12:11
家の間の小径を山へ向かって入る。
12:15
畑の脇を進む。

12:18
植林地内の道を進む。
12:21
途中から左へ折れ、小さな流れを渡る。
12:28
谷を上がる。(15分間登山中断)

12:51
斜面が更に急になる。
12:57
谷を避け、左へ急斜面を上がる。
13:02
尾根が近くなった。

13:06
尾根は歩きやすく、踏み跡が続いている。
13:11
尾根を進む。
13:14
三角点の手前のピーク(170m)。

13:15
尾根を進む。
13:25
開けた場所に三角点がある。
四等三角点(雲津 192.99m)




松江の三角点