四等三角点(堤谷 214.31m)



 2017年7月27日
 四等三角点(堤谷 214.31m)は、「点の記」では八雲町熊野の墓地から上がるようになっていますが、以前に墓地の管理者から山への立ち入り許可がでなかったので、山の反対側の平原から上がることにしました。反対側の山には最近、植林管理のため作業道ができており、ここから山へ入ることにしました。作業道は少し上がると終了するので、その手前から斜面を尾根筋を目指して上がりました。植林地内の斜面は少し低木が生えていますが、歩くのにあまり支障はありません。尾根に上がると、踏み跡が続いていて、何度か小さなアップダウンを繰り返して上がっていきます。最後の尾根はシダが密生しており、尾根から少し下がった斜面を回って頂上に上がると、シダの陰に三角点の白い標示杭が見えました。

11:42
新しくできた作業道から入る。
11:45
この先で作業道は終る。
11:47
終点手前から右手の斜面を尾根に向かう。

11:50
少し荒れた植林地内を上がる。
11:52
尾根筋へ上がる。
11:55
小ピークへ上がる。

11:56
第2ピークへ上がる。
11:58
第3ピークへ上がる。
12:02
尾根を鞍部へ下る。

12:05
第4ピークへ上がる。
12:08
第5のピークへ上がる。
12:10
細い尾根を進む。

12:20
尾根はシダが生え、右側の斜面を行く。
12:22
シダの陰に三角点があった。

四等三角点(堤谷 214.31m)



松江の三角点