三等三角点(要害山 395.43m)



 2017年7月31日
 三等三角点(要害山 395.43m)は、三本栃峠を広瀬側に少し越えたところから入るようですが、道路脇は草木に覆われ入れそうな場所が見当たりません。手前に山が伐開されて、新しく作業道ができた場所があったので、そこから入ってみることにしました。作業道を上がると、尾根の下を左へ続いているので進んでみると、ちょうど三角点の真下のようなところで、作業道が終わっていました。急な斜面から尾根に向かいますが、斜面は足場も悪く、掴まる木も少なく、滑り落ちそうになります。なんとか尾根にたどり着きますが、尾根は藪になっていて、枝を払いながら上がりました。頂上部は狭く、三角点はすぐに見つかりました。頂上から竹林内の尾根に沿って踏み跡があるようなので、帰りは、この尾根を下ってみることにしました。竹林内はあまり荒れておらず、楽に下ることができました。前方が明るくなったので、向かってみると、先ほど上がってきた作業道の入口でした。作業道の法面は高さがあり下りられないので、更に尾根筋を下りて行くと、鞍部の峠に出ました。

12:52
三本栃峠からの農道脇の伐採地から入る。
12:55
作業道が尾根の下を左へ上がっている。
12:57
作業道の終点から急斜面を尾根に向かう。

13:08
急斜面を振り返る。
13:08
尾根へ上がる。
13:13
頂上部へ上がる。

13:15
三角点が見えた。
三等三角点(要害山 395.43m)

13:19
頂上から尾根道が下がっている。
13:21
竹林内を下りて行く。
13:24

13:26
入ってきた作業道へ出会う。
13:27
作業道の法面が急で下りられない。
13:30
鞍部の峠に下りた。

13:31
作業道から峠を振り返る。



松江の三角点