三等三角点(湯谷 113.38m)



 2017年10月9日
 三等三角点(湯谷 113.38m)は、邑生町の県道枕木山線から左へ入る作業道の角近くから山への小径があります。鉄塔の巡視路と思われますが、標示はありませんでした。山へ入ると目の前は急斜面で、右へ斜面に沿って小径が奥へ続いていました。しばらくすると小径は上に上がりながら消えてしまい、急な斜面を尾根に向かうしかありません。所々に生える太い竹や樹木にしがみつきながら、斜面を上がりました。尾根に上がると、小径が尾根を下がっているのが見えました。尾根には歩きやすい小径があり、しばらくすると鉄塔に到着します。鉄塔の先へ少し進むと、小径の草むらの中に白い標示杭が見えました。
 下山時に、斜面から尾根に上がった場所から尾根道を下ってみました。尾根道は急斜面となり、下に小径があり、最初に山に入った場所へ下りてきました。こちらが通常の巡視路になるようです。

13:08
県道から作業道に入ってすぐ小径がある。
13:08
山へ入ると右へ斜面にそって小径がある。
13:11
適当な場所から急斜面を尾根へ向かう。

13:15
13:19
尾根が近い。
13:21
尾根に上がった。

13:23
尾根道を行く。
13:26
13:27

13:29
鉄塔へ到着。
13:32
鉄塔の先へ進む。
13:34
小径の草むらに三角点がある。

三等三角点(湯谷 113.38m) 13:44
斜面を上った場所から、尾根を下ってみる。

13:46
急斜面を下る。



松江の三角点