松江の滝


 松江市にある名前のついた滝を紹介します。


名 称所 在 地ルートの概要

猪目の滝
西長江町西長江町から猪目越を経て鹿島町、経塚山、朝日山へのルートの途中にある。

大平滝
東持田町東持田町納蔵西の林道澄水山線から谷を10分ほど入ったところにあり、案内標識がある。

納蔵の白滝
東持田町東持田町納蔵西の林道澄水山線を少し上がったところにある。

大滝
東持田町東持田町金井谷の大きな砂防堰堤を越えて50分ほど谷を上がったところにあるが、地形図とは位置が違う。途中数箇所で足場が悪く、注意が必要。

御手洗滝
島根町島根町加賀別所から谷を入った一番奥にあります。澄水山の林道北山線から山を下って行くこともできる。

熊井の滝
下東川津町中尾地区から径を入ってすぐ小さな滝がある。

髢が滝
八雲町八雲町熊野の天狗山への途中の道路下にある。

牛淵の滝
東忌部町熊山東忌部町熊山の松江木次線の旧道沿いの忌部川にある。

真名井の滝
山代町山代町の茶臼山の南麓、真名井神社の近くにある。

岩屋寺の滝
宍道町岩屋寺の境内の森の中にあるが最近は水量がない。

責鞍の滝
東出雲町京羅木山の広瀬越え旧道(山口谷)の途中にある小さな滝です。


松江の山