林道島村線〜熊野大社への点線の径




2016年3月20日(日) 林道島村線〜熊野大社への点線の径
 林道島村線から小さな川を渡り、山へ向かって斜めに斜面を上る道があるようですが、笹に覆われていました。
 果たして通れるような道なのか、上がって見ると、笹はすぐになくなりはっきりとした径が続いていました。径は5分ほどで峠になり、峠には左右にも道が伸びているように見えましたが、左下に向かって下りました。径には1ヶ所倒木があり、斜面を下って回り込んで通らなければいけない所がありました。またシダが密生して足下の径が見えず、注意しないと踏み外しそうな個所もあります。谷に溜池が見えると、その先は管理された径となり、5分ほどで人家のある場所へ出てきます。出てきたところは熊野大社の手前の普済寺の近くでした。

14:10
川を渡る。
14:11
笹の中に上に向かう径がある。
14:12
笹はすぐに終わり、はっきりした径がある。

14:13
峠に向かう。
14:16
峠を右上に向かう径がある。
14:16
峠の左上にも径があるようだが、左下へ向かう。

14:17
倒木があり回り込んで通る。
14:22
シダが生い茂って径が見えない。
14:27
シダがなくなると径が現れる。

14:28
溜池が見えてくる。
14:28
溜池からは管理された径が続く。
14:34
山を出た所を振り返る。普済寺の近く。




松江の歴史の道を歩く